英語de...

超初心者向け 英会話 3ヶ月で達成出来ること

超初心者向け 英会話 3ヶ月で達成出来ること

これから英会話を始めようとしている人

英会話始めて3ヶ月でどの位成長できるかな、
どの位勉強しないといけないのか、
どうやって勉強すればいいのか
という疑問に答えます。

すぐ挫折しない為にも、3ヶ月後のイメージを持って始めるのが良いと思います。
では、英会話超初心者が3ヶ月でどのくらいのレベルになるかと言うと

  • 英語で話しかけられても怖くなくなる
  • 簡単な英会話が出来るようになる
  • 簡単な英語を聞き取れる様になる
  • 自分から英語で話しかけられる

最終的な目標は、仕事で英語を使える位のレベルになる事かと思いますが、
簡単な英会話ができたり、英語で話しかけられても怖くない、
むしろ話しかけられたいというレベルを目指しましょう。

  1. 英会話はインプットよりもアウトプット
  2. 最初は英語で考えるというより、頭の中で英語にする
  3. どの位の時間英語に接すればいいか

英会話はインプットよりもアウトプット

 

これまでの英語の勉強といえば、教科書を読んで覚えていたので、
英会話を始めようとなると、また何処かから英会話の本を買ってきて、
読んで勉強しますが、それは本当に遠回りです。

確かに学校教育で英語を習ってきたので、書いてある事は理解でき、
英会話を勉強した気になりがちですが、これだとリスニングも無いですし、
スピーキングもありません。そのため実際に英語を話そうとしても、
聴けないは、話せないはで、一向に進歩した実感を得ることがなく、挫折してしまいます。

もう少し言うと、中学までの英語の授業でインプットは十分出来ています。
簡単な英会話を文章で読めば分かるというのは、インプットが出来ている証拠です。
その簡単な英会話を聞いたり、話せるようになるのが英会話です

また英会話を習うにあたって、少しは話せるようになってからという理由で、
本を手に取るかもしれませんが、実際に英会話を始めてしまった方がよっぽど近道です。
私も英会話スクールに行く前にNHKの英会話を見たり、教材を買って勉強しましたが
今思うと英会話スクールに行ってしまった方が早道だと実感してます。

そして完璧な文章で話すというのを目指してはいけません。
第二言語なので、完璧になる事は無いというのを理解し、
ブロークンでいいので、まずは話す事です。
逆に第二言語と開き直る事をおすすめします。

というのも、最初のうちはとかく綺麗な文章でないと恥ずかしくて話せない
となりがちですが、始めたばかりの人が綺麗な文を話すのは不可能だと思いますし、
綺麗な文章でと意識してしまうと、どんどん話せなくなってしまいます。

まずはどんどんアウトプットするというのを意識し、
文法が間違っていようが、単語でしか話せなかろうが
通じれば良いと思い、どんどん自分から話していきましょう。

最初は英語で考えるというより、頭の中で英語にする

 

よく英語の上達度を表すのに、英語で考えられる様になるというものがあります。
始めて3ヶ月で英語で考える事は無理ですが、日本語で考えた事を、
英語にするという方法であれば、可能ですし、多くの時間英語に接している事になります。

例えば 今日お昼何を食べようかなと思ったとします。
その時にすぐ英語で何というかを考えます。
その時すぐ調べるのではなく、まずは自分で考えます。

何 what
食べる eat
お昼ご飯 lunch

という単語が浮かべば、それを綺麗な文章なくていいので、まずは英語にしましょう。
そうすると、
What eat lunch
What is lunch
What I eat lunch
など頭に浮かんだら、そこで初めて調べてみましょう。

ネットで調べた文章を丸暗記するのは重要なのですが、自分で考えて文章にしていく事はもっと重要です。
それが出来るようにならないと、丸暗記してない事は話せなくなってしまいますので。
ですので、本当に簡単な事からでいいので、頭の中で英語にしていきましょう

 

私が英語始めて3ヶ月以内でつまずいた表現

 

3か月間、英会話を勉強していると、どうしてもつまずいてしまう表現
というのが出てくると思います。
私の場合は下記の表現です。

It smells good
It tastes good
It looks good

日本で習う英文法で説明すると、IT + 動詞 + 形容詞という表現です。
(正直こういう学校で教える英語みたいなのは、あまり好きではないですが)

私の場合、良い匂いと言いたい時に、good smell とつい言ってしまい、
It smells good.となかなか言えるようになりませんでした。

同様に美味しいというのをIt is delicious と言ってしまい、
なかなかIt tastes deliciousと言えませんでした。

3ヶ月も英会話を行っていると、つまずくフレーズというのは出てくると思います
3~4ヶ月が経った頃には、このような表現も自然と言えるようになってました。
そういう場合、教科書があるスクールですと、それに沿って新しいフレーズを学べるので、
教科書があるスクールは、こういう所が利点だと思います

 

どの位の時間英語に接すればいいか

 

本当は平日2~3時間、土日5時間位と言いたい所ですが、
最初から根を詰めて行うのは、すぐ挫折に繋がるので、まずは平日1時間、土日2~3時間を目指しましょう。

それすら難しいというので有れば、英会話に触れない日はない様にしましょう。
仕事が忙しくてオンライン英会話やスクールに行けないというのであれば、
その日はリスニングだけの勉強でも構いません。
そういう時は、リスニングで覚えた言い回しを次回の英会話で使うようにしましょう。
自分で話す事で、覚えた言い回しが記憶に残り、同じ様な場面でその言い回しが話せる様になります。
とにかく英会話に接する時間を増やす事を心がけましょう

最後に、完璧な英語を求めない
第二言語と割り切って、開き直る
そして英会話に接している時間を1日1分でも長く持つようにしましょう。
それができれば3か月後には、簡単な英会話ができるようになっていると思います。

では、今から頭の中で考えた事を英語にはしましょう。
What’s for lunch today?

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。