英語de...

自分には英会話は無理と思っているあなたへ

皆さん、こんにちは。

当記事をご覧いただきありがとうございます。

この記事をお読みいただいているのであれば、これまで学校の授業以外に英会話を勉強したことはあるが、それでも未だに英語が話せるようになっていない方かと思います。

でもご安心ください。あきらめるのはまだ早いです。

かく言う私も、テレビ英会話、ラジオ英会話、英会話テープの聞き流し(その当時はYoutubeなどないので、ウォークマンに英語で録音されたカセットテープを入れて聞いてました)などなど、本当に様々な方法を試しましたが、一向に英語が話せるようになりませんでした。

英語で話せるようになった今だから、自信を持って言えます。

Q: なぜ当時、英語が話せるようにならなかったのか?

A: それは「英会話の勉強方法がつまらない」からです。

もう少し嚙み砕いていうと、
英会話の勉強方法がつまらないため、途中で飽きてしまったという事です。

 

この記事を読んでいる方で、この意見に共感する方は、きっと多いのではないでしょうか。

英会話という名の通り、英会話とは、英語で会話をしているだけです。相手の意見を聞いたり、自分の意見や思いを伝えるために、英語で話すだけであって、英語本来が目的ではありません。

ですので、あるシチュエーションを英語で何というのかを覚えたり、リピートして声に出したりなどのレッスンのようなものは、ある一定の時間を超えると非常につまらないものになり、その結果英会話の学習が続けられなくなり、英会話ができるようにならないのです。(そうでないという方も稀にいらっしゃるかと思いますが、途中で飽きてしまうという方は、このような傾向かと思います。こういう英語は重要ですが、続けていくのはかなりシンドイです。)

では、どうすれば良いのか?

先程も申しましたように、英会話なので、誰と話すのか、何を話すのかというのが重要になります。

仲の良い友人であれば、話をしていて面白いでしょうし、その人の話をもっと聞きたくなります。

また、自分の趣味や興味のある話であれば、もっと知りたいでしょうし、自分の思いや意見も伝えたくなります。

英会話はあくまでもコミュニケーションのツールなので、その英語学習を目的としてしまうと、つまらなくなります。ですので、そうではなく、自分の思いを伝える事や、仲の良い人や気になる人との会話を楽しむことを目的とすれば、飽きることなく、英会話を続けられ、英会話ができるようになります。

ぜひお試しください。